大阪・神戸(関西全域)エリアでの廃材処理・廃油処理・産廃の回収ならプロスタッフにお任せください。

大阪・神戸の産廃(廃材・廃油)回収|プロスタッフ株式会社

廃材引取りのエキスパート!

産業廃棄物

(混合廃棄物・木くず・紙くず・廃プラ・

  がれき類・ボード類・石綿含有産業廃棄物など…)

ご納得の高付加サービス
チェックボックス
FULL TIME 24回収サービス
 
プロスタッフは、365日24時間対応!!24時間サービス

土日祝はもちろんのこと、お盆、年末年始いつでも
お客様は時間を気にする必要は一切御座いません。


チェックボックス
小口回収サービス

小口回収

小口回収だからといって割り増し料金は一切なし!!
袋1つからご利用いただけます。

※「中口」「大口」のお引取りも承っております。



チェックボックス
現場直接引取サービス
24時間サービス

兵庫県下、大阪府下、京都府下、奈良県下であれば
作業現場まで直接回収 に上がらせていただきます!!



チェックボックス
JUST!TIME回収サービス


24時間サービス

基本受付日の受付時間内にご予約頂きますと
ご指定の時間にご指定の場所へ回収に伺います!!

■基本受付時間:8:00~18:00(平日に限る)




チェックボックス
作業一式サービス
24時間サービス

搬出・積み込み作業・及び作業後の清掃等を実施致します。

※作業効率化のため、打ち合わせスタッフが伺います。



チェックボックス
定期便回収サービス

24時間サービス


定期日指定による回収サービス。



チェックボックス
廃材(廃油)処理無料相談サービス
24時間サービス

お客様係りが処理料金や作業内容等、お客様のニーズ
に合わせて詳しくアドバイスさせて頂きます。
これで廃材・廃油の悩みとは“おさらば”。










廃材処理事例
サンプル
プロスタッフでは、他社には決して真似できない、マンション現場の

廃材下ろしから横持ち現場まで承っております。


工事現場は様々。工事をする場所も様々。工事の種類も様々。

当社は、どのような現場にも挑戦していきます。

難易度の高い現場には、当社の特命を受けたサービス保守係が、

その現場の作業性、安全性の調査を開始し、廃材の引き取り方などを

分析します。工事工程に沿う形で引取り実務をしたり、小口回収を

実施したりなど、お客様の立場に立ち、また、お客様の社員の如く、

活動してまいります。










建設現場から出た工事廃材の回収・・・
    プロスタッフを頼って下さい!

①プロスタッフを現場まで呼ぶ
    (営業地域:兵庫県内、大阪府内、京都府内、奈良県内)
②工事廃材がその場で片付く(少量から大量まで)
③現場直接回収で美観よし、作業よし、飛散防止で危険なし
④施主様・施工業者様など一切の作業負担なし
⑤上質な回収作業と適正な処理ですべてよし
手積み現場、室内外現場搬出、トラック進入不可現場など・・・

Prostaff is hungry!&Challenger!


バッカン・コンテナの設置・回収
サンプル
プロスタッフでは、バッカン・コンテナの貸し出し・設置を

行っております。

お客様のご都合に合わせて回収に上がらせていただきますので、

お気軽にお問い合わせください。


万一、早急に回収が必要な場合でもお気軽にご相談ください。

前日の営業日内にご連絡いただければ24時間いつでもご対応致します。







プロスタッフをご指名してくださるお得意様


・関西塗研工業株式会社 ・株式会社住みごこち工房
・インプレスホーム株式会社 ・有限会社西神戸リフォーム
・株式会社ウェーブ西宮 ・ヒューネット株式会社
・株式会社ナサホームみずらぼ事業部 ・神鋼不動産株式会社
・株式会社三島コーポレーション ・株式会社クラッセル兵庫
・株式会社トーワ技研工業 ・株式会社ナサホーム
・株式会社アクシス ・株式会社日住サービス
・株式会社田中博商店 ・全農物流株式会社
・株式会社ひまわりライフ ・株式会社サンキョウホーム
・DNTサービス株式会社 ・生和アメニティ株式会社
・株式会社おがわ ・株式会社CIリフォームプロジェクト
・住友不動産建物サービス株式会社 関西支社 ・株式会社ジーキューブ
・株式会社アップワーズ ・株式会社インテリックス空間設計
・サンマルコ株式会社 ・株式会社マニックス明石店住建ルート
・株式会社高橋商会 ・株式会社東和ホームサービス
   
  その他、2,200件
  敬称略、順不同
        


お客様へのお願い

廃材を出される際のお願い

昨今、国会でも「リサイクル法案」なるものが、次々と可決され、
今まで以上に廃棄物処理に対する注目度が上がってまいりました。

つきましては、弊社でも出来る限り「リサイクル」の出来るものは、
それを推進して参りたいと考えております。

 誠に勝手なお願いで恐縮ではございますが、空き缶の中に
廃材(養生くず、木くず、紙くず等)を詰め込まれずに分別して頂ければ
非常に「リサイクル」がしやすくなりますので何卒よろしくお願い申し上げます。